空地や空家の放置はもったいない

お持ちの土地建物をそのまま放置されている方はおりませんか?

土地を所有しておりますとそれだけで固定資産税と都市計画税がかかります。
その金額は、例えば評価額1,000万円であれば

固定資産税額 1,000万円 × 1.4% = 14万円
都市計画税   1,000万円 × 0.3% = 3万円

です。せっかくの資産なのに借金して年率1.7%の金利利息分17万円を支払っているのと同じことになってしまいますね。

また、住宅が建っている土地は「住宅用地の特例」が適用されるので、固定資産税額が最大1/6、都市計画税は最大1/3に減額されます。
先ほどの事例では17万円から3万3千円にまで減額されるので、「まあいいか」と空き家をそのまま持ち続けている方も多いのではないでしょうか。

とは言え、使用していないものに毎年お金を支払い続けるという点は変わりません。
もったいない話ではないでしょうか。

ここ千葉市におきましても、適切に管理すれば賃貸経営できるのではないかという物件や、購入希望者がいるにもかかわらず所有者不明で長らく放置されている物件が散見されております。

税負担を理解された上、何らかのご事情があってそのままにしておられる方もいらっしゃるかとは思いますが、その他のマイナス面もありますよね。

適切に管理されていない空家は倒壊の危険など安全上、衛生上、景観上、生活環境の保全上放置することが不適切である状態にあると認められると、市町村から指導等を受けることがある他、減税対象から除外されてしまうことがあります。
また、ゴミが捨てられ草が伸び放題の土地は、法的な制約が無くとも、衛生上、景観上、生活環境の保全上近隣の居住者の迷惑になっていることが多々あります。

それぞれの土地建物が適切に管理されていれば、街並みがキレイに保たれ、治安が維持され、より住みやすい街になります。
そうすれば新たに人が集まり、人が集まる場所にはお店ができたりして活性化され、地域のステータスが上がり、お持ちの不動産資産価値も上がります!

まずは最低限管理について、そして色々な活用方法をご検討されたらいかがでしょう?
もちろん売却もアリではないかと思います。

ご相談はこちらまでどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。